Calture

日本人がもっと英語を話せるように LEARN ENGLISH THROUGH ACTING

「語学留学をした経験から、自分が日本で受けたかったと思えるレッスンを作りたかった。」

この英会話教室は、語学留学をした経験から、どうやったらもっと日本人が英語を話せるようになるか長年問題として考えていた時に、国際派俳優さんとの出会いがあって実現しました。

2020年の東京オリンピックを迎え、観光立国になるべく進めていく日本で、地域にもたくさんの海外の方が来てくれる時代になると思います。
その時に、海外の方が安心して日本に滞在する為には、英語慣れをした人のサポートがきっと必要です。
海外に行った時に心底思ったのは、英語が通じるかどうかで安心感が全然違うという事です。
日本人の私ですらそうなのですから、英語圏の人はもっとそうでしょう。

自身でも英語に興味を持ち、語学留学にも行って取り組んだ時期がありました。
英語を話せるようになる為には、感情を込めて実際に英語を話す事が大切だと学びました。
日本人が特に苦手な発音も本当に大切だと理解しました。
文法は頭で考えるものではなく、繰り返し会話で使う事でリズムとして染みついていきます。
リズムとして染みついてくると、自然に応用が出来るようになるのです。

英語のリズムを体に染み込ませるにはとにかく正しい発音で使う事。
それを繰り返すと筋肉と耳が英語に適応してくるのです。

日本の学校では文法翻訳クイズのような英語の授業を受けていた記憶があります。
感情を込めず、カタカナ英語で読み、細かい翻訳を精密に日本語に当てはめようとします。
しかしながら、英語を話すという事は、気持ちを伝える事です。
それは楽しい事であり、柔軟なことであり、減点方式のテストでは無いのです。
英語はあくまで英語であり、日本語に変換する必要はありません。

この日本的な英語学習から離れるのには、出来る限りネイティブになりきるようなレッスンが良いのではないかと考えてきました。
そのような折に、偶然にも「芝居の世界で世界の人が理解しやすい英語を習得した俳優さん」と出会いがあった事で、今回の話になりました。

インストラクターの寺田稔さんは、50年以上のキャリアの中で、世界各国で様々な経験をしている方で、沢山の俳優さんたちを英語、日本語問わず指導した経験もあり、国際的にも有名なレジェンド達とも様々なお仕事をされてきた方です。
英会話という枠だけに留まらず、いろいろなお話がお聞きできると思います。

この出会いを大切に、日本人が英会話できるようになる教室として、楽しく、そして皆様のお役に立つ場所になっていければと考えています。

マネージメント Ethical LLC

講師

世界を、放浪して、芝居して、ボヘミアン・アクター
MINOROU the Bohemian

1941東京生まれ。国際交流豊かな家庭に育ち、慶應義塾普通部(中学校)卒業後ドイツに渡りミュンヘン大学やディ・ノイエミュンヘナー演劇学校にて学ぶ。1967年ドイツ制作のミュージカルHAIRにて主演を務め、国際的な熱狂を生み出し日本でも公開され出演する。その後は海外、日本を問わず俳優、演出家、クリエイターとして活発に活動。日本では、映画「犬神家の一族」の猿蔵役、「SHINOBI」甲賀弾正役、大河ドラマ「炎立つ 」乙那役など。